宍道湖七珍

 

「てれすこ」のある島根県松江市の宍道湖は、全国で6番目の大きさの湖。宍道湖に沈む夕日の美しさは絶景と言われています。

この湖は、海水と淡水が混ざり合った「汽水湖」で、四季折々、たくさんの魚介類が収穫されます。

その中でも、特に自慢したいのが「宍道湖七珍」と云われる七つの食材です。

 

宍道湖の7つの味

すもうあしこし

文字をクリックすると、それぞれの食材を詳しくご紹介します。


すずき

この地方では、すずきは、セイゴチューハン⇒スズキとなる出生魚だ。

すずきの旬はやはり秋から冬だろう。

郷土料理として知られているのが「すずきの奉書焼」だが、そもそも始まりは、漁師が舟のいろりの灰に埋めて焼いていたものを、高貴の膳にもかなうようにと、ぬれ奉書で包み、黒田セリと石焼したものだった。

すずきの旨みと奉書のほのかなにおいが、また何とも言えない気分にさせてくれる。
煮ナマスもいける。

 

もろげえび

旬は9月~10月、夏と秋の2期、宍道湖・中海で捕れる。

和名:ヨシエビ の一種。

体長10cmたらずの繊細な海老で背わたが少なく、殻が薄いのが特徴。全部丸ごと食べられる。一昔前では、釣りの餌だと見向きもされたなかった。

色も朱色でとてもキレイな海老。生きている状態で刺身で食べても美味しい。

 

うなぎ

宍道湖のうなぎは、とても大きく肉厚で知られる。

ビタミンAが豊富で、とくに肝に多く含まる。胃腸の病気や風邪の予防などに効果があると言われる。

宍道湖七珍の代表的な食材。

ちなみに、てれすこの鰻丼は宍道湖産の天然鰻を使用。ぜひお試しあれ。

 

あまさぎ

松江の冬の代表的な味覚の一つ。

「あまさぎ」という呼び名は山陰沿岸に限られ、一般には「わかさぎ」で知られている。

あまさぎの旬は1月から3月。冬の抱卵から産卵期がいい。

血液をきれいにする不飽和脂肪酸や、ビタミン、ミネラルを豊富にふくむヘルシーな食材。

 

しじみ

松江の代表的な味覚の一つ。

大和しじみは宍道湖で生産額のトップを占める特産物。

タンパク、ミネラル、ビタミンBが豊富に含まれており、栄養価が高い。

肝臓に良いことでも有名。

 

すずき

松江の「こいの糸造り」と言えば、昔から有名だ。

淡水域と汽水域を往来する地コイは、全国でも稀らしい。

その冬の旬を糸造りで食し、燗酒で一杯やるのが個人的に一番いいが、夏には洗いが一番。

こいのうろこの唐揚げは珍味。お試しあれ。

 

すずき

宍道湖の名品の一つ。

白魚の旬は紅梅の咲く時期と一致して、それは松江では旧正月にあたる為、おせち料理には欠かせない食材だったようだ。

松江の白魚は、他のものと比較して、「自分(白魚)の持ち味だけで、ダシがつけられる」のだそう。

そういう意味でも日本一の白魚として評価は高い。

 

※掲載されているメニュー・価格は、季節によって変動、または取り扱ってない場合があります。


てれすこ伊勢宮店

郷土料理店「てれすこ」の詳細はこちら

ページトップへ
催事出店情報

全国のイベント会場・催事場に出店しています

伊勢宮店の営業日

→ご予約状況
  • 宍道湖七珍

    宍道湖自慢の七つの食材を紹介します

    てれすこ親父のぎゃらりぃー

    てれすこ店主の絵ブログ [毎月更新]

    社長.tv

    てれすこ店主出演番組放映中です

    ケータイからもアクセスできます

    Copyright (c) TERESUKO Co..LTD . All Rights Reserved.